美皇潤

美皇潤のトライアルセット

更新日:

美皇潤は歯ぐきも引きしめる

歯茎が痛む女性
ネット上の口コミをチェックしてみると、美皇潤を飲み始めた人の中には、肌の潤い効果もさることながら、「歯ぐきがひきしまった」と感じている場合があるようです。

不思議に思って調べてみると、どうやらこれはコラーゲンによる効果だと見当がつきました。

コラーゲンというと、どうしても「美容効果のある成分」というイメージがつきまといます。

コマーシャルなどで散々「肌にはコラーゲン」ということが喧伝されていますし、たるみやシワなどが生じにくくなるのは確かだからです。

しかし、コラーゲンが関わるのは肌に限ったわけではありません。

人間の体を構成しているたんぱく質のおよそ30%がコラーゲンであり、皮膚、骨、軟骨、血管、内臓など体内のいたるところに存在し、細胞や組織を結合させる働きをしています。

そして、歯と歯ぐきも例外ではありません。歯の内側を形作っている象牙質の約2割、そして歯ぐきの約6割が、コラーゲン結合による繊維でできているのです。

このように人間の健康維持に不可欠のコラーゲンですが、残念ながら体内で生成されるその量は加齢とともに減っていきます。

さらに、加齢によってその質も低下するという事実が、近年の研究で判明しています。

コラーゲン量が減り、おまけに質が低下すると、肌や血管の弾力性が衰えたり、関節や骨がもろくなったり、といった不具合が出てきます。

歯ぐきにとっても同じで、コラーゲン繊維が弱体化し、歯ぐきの弾力性が失われて痩せてくるのです。

歯ぐきが痩せてくると、外見上、いかにも老けた印象を与えます。また、歯と根本に隙間が開いて食べかすが詰まりやすくなり、虫歯や歯周病の発生率も高まるのです。

歯周病は重くなると歯が抜け落ちてしまいますし、糖尿病や心臓病のリスクを高める原因にもなります。

加齢によって歯を失いやすいことは皆知っているので、丁寧な歯みがきを心がけている人も多いと思います。

歯ブラシ、歯間ブラシ、デンタルフロスなどを使った口腔内のケアはもちろん大事なのですが、それだけでは歯ぐきの衰えを完璧には予防できません。

入れ歯のお世話にならないためにも、体内のコラーゲン合成を促すように心がけるべきでしょう。

食事によってコラーゲンの原料であるたんぱく質、あるいは生成に不可欠なビタミンCを積極的に摂取すべきなのですが、コラーゲンそのものを摂り入れることも重要です。

美皇潤に配合されているコラーゲンは、フカヒレから抽出された高品質なもの。

毎日欠かさず飲んでいけば、歯ぐきの健康のためにも役立ちます。

EGFとFGFについて

配合成分をチェック
美皇潤に配合されているツバメの巣にはシアル酸のほかに、EGF(上皮細胞成長因子)とFGF(繊維芽細胞増殖因子)が含まれています。

EGF(Epidermal Growth Factor)はタンパク質の1種。53個のアミノ酸と3つの分子内結合で形成されています。

アメリカのスタンリー・コーエン博士が1962年に発見。彼はこの業績でノーベル賞を受賞しました。

美容効果としては「人成長ホルモン」を活性化、シミ、くすみ、たるみなどをケアして健康的な肌へと導いてくれます。

そしてFGF(Fibroblast Growth Factors)は、コラーゲン生成作用のある細胞を増殖するたんぱく質。

加齢とともに不足してくるコラーゲンの生成を助け、弾力のある肌を復活させます。

美容皮膚科で治療に利用されているくらいで、その効能は折り紙付きです。

-美皇潤

Copyright© 『本当に効いた!美皇潤の口コミ・効果まとめ』 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.